恋愛

【優しすぎると恋愛対象外に!?】優しいけど損する男の特徴と改善点

投稿日:

女性から好意を向けてもらうためにひたすら優しく接しても、中々結果がついてこないなんてことありませんか?

 

気になる女性に優しくしつづけ好感度をアップさせてる最中なのに、いきなり現れたほかの誰かと交際をはじめられてしまうなんて悲しすぎますよね。

 

今回はそんな女性に優しい男性たちが損をせず得する優男になるための方法を紹介していきたいと思います!

 

女性は優しい男が好きなんじゃないの?

 

恋愛においてよく聞くことが『優しい男性がタイプ』という言葉です。

 

”優しい”というワードに焦点をあてて考えると「優しければ好意を向けてもらえる」と勘違いしがちです。

 

現実はそう甘くはなく、この優しさに関しても”程よい優しさ”を指しています。

 

男性が女性をゲットするために優しくしていても”ただ優しい人”という印象で終わってしまい、好意を向けられていることにすら気が付かない女性も多くいます。

 

優しい男性がタイプと女性がいいがちなのは、タイプを聞かれたときに一番無難な答えだからという理由もあがっています。

 

女性はタイプを聞かれた際に外見の特徴でタイプを言うと「見た目重視」だと思われてしまい印象がよくないと考えますし、性格的な面ならばこうであってほしいという点が多すぎ相手に伝えるのは難しいと考えます。

 

そうなったときに一番当たり障りのないものが『優しい男性』で、会話が面倒だったり印象を悪くしたくない相手に言う事がわかりました。

 

かといって優しい男性は女性から喜ばれる存在なので、優しさを忘れず、相手に好意を向けてもらえる男性になっていきましょう!

 

友達としてはOKだけど恋愛はNG

 

優しすぎて恋愛に発展しないありがちなケースのひとつです。

 

優しくすることはお互いの距離を短くすることに繋がるのですが、距離は縮まったものの仲良くなりすぎてしまい友達としてしか見れなくなってしまったというケース。

 

こうなってしまうと恋愛対象としてみてもらうことはとても難しく、距離をリセットすることも難しいため苦戦してしまいます。

 

適度な距離を保つことで異性としてきちんと理解してもらう必要があるので、仲の良い友達という立場にならないよう最善の注意を払っていきましょう。

 

女性が思う優しいけど恋愛対象外な男の4つの特徴

 

前述したように、どんなに優しくても恋愛対象に入れない残念な優男がいます。

 

優しさを武器に恋愛をしていきたいと思っている男性のために、絶対に気をつけなければいけない恋愛対象外な男の特徴を4つ紹介していきたいとおもいます。

 

【特徴1】誰にでも優しい

 

優しい男性の中で一番恋愛に発展しないのが誰にでも均等に優しい男性です。

 

誰にでも優しいのは人間としてとても良いことですが、一人ひとりに同じ分だけ優しく接していると『ただ優しい人』という印象が拭えなくなってしまいます。

 

周りから頼りにされる存在にはなれますが、恋愛に向いているやさしさではありません。

 

気になる女性に優しくしても周囲にも優しくしている影響から、自分の好意に気づいてもらえることはほとんどないため大損してしまう可能性があるのです。

 

【特徴2】意思表示が見えない

 

優しすぎるが故に、相手の顔色を気にしすぎて本心を言えない男性です。

このタイプの男性は周りにいいように利用されて終わってしまうパターンが多く、気になる女性にも気持ちと優しさを利用されて損をさせられてしまうことがあります。

 

相手からの印象が悪くならないように自分の意見を言う事を控える傾向にあるため、男性としては少し頼りない印象になってしまいます。

 

優しさの度が過ぎると相手の顔色を第一に考え発言や行動に制限をかけてしまいがちで、本人は良かれと思ってやっていることでも実は相手から男性としての評価が低かったりするのです。

 

【特徴3】やさしいのが当たり前になっている

 

日常的に常にやさしい男性は女性からみて”やさしさが当たり前”になってしまいます。

 

こうなってしまったら優しさは武器にはならず、女性は優しくされても「優しくされて当然」と思ってしまいます。

 

この場合、どんな些細な事でも手伝ってあげたり代わりになってあげてしまうと女性はつけあがってしまいます。

 

つけあがらせてしまうと男性として見てもらうことはとても難しく、どんどん加速してしまうパターンが多いので決して”執事”のような立場にはなってはいけません。

 

前述した『程よいやさしさ』が重要で、やりすぎてしまわないようにしましょう。

 

【特徴4】存在が女性化している

 

存在自体が女性化してしまい、どうがんばっても異性として意識してもらえないパターンです。

 

友達としてはOKだけど恋愛はNGにあった男性が当てはまり、親しい友人になってしまった男性を女性は同性として接してしまいます。

 

一度そう思われてしまうと一生といっていいほど異性として意識してもらうのは不可能になり、ゲームオーバーになってしまいます。

 

このとき優しい友人という存在はとても大切なので、女性からも大事にされるので勘違いを起こしがちですがここで勘違いをすると友人という関係にもヒビが入り縁が切れてしまうこともあります。

 

存在が女性化してしまった場合、一生友人としてそばにいるか意を決して本心を伝えギャンブルにでるか地獄のような選択をしなくてはならないので絶対にそうならないように心がけましょう。

 

都合のいい男になっていないか見つめなおす

 

人に優しくする上で利用されているのでは?と感じたことってありませんか?

 

優しいが故にその優しさを利用する人って世の中に沢山います。

 

どんな人間も一番は自分なので自分の都合のいい人間はとことん利用するといったスタンスの人も少なくありません。

 

好意を持ってない段階であれば、相手の優しさを利用することになんの罪悪感もなく当たり前のように利用するひとも意外と多いのです。

 

なにか手伝ってほしいときにだけ甘えてきたり、優しくしてきたりする女性は都合のいい男と認識されている場合がほとんどでそうなったときは少し距離をおきましょう。

 

まずは『あなたに優しいのは当たり前じゃない』ということをきちんと理解させることでこの危機を打開できるので、まずは自分がどういう風にみられているのかを観察や分析から見つめ直していきましょう。

 

恋愛対象になるための4つの改善ポイント

 

優しさをきちんと武器にし、相手から好意をむけてもらえるようにするにはどうしたらいいのかという改善ポイントを4つに分けて紹介していきます。

 

恋愛対象外になってしまう男の特徴に思い当たる節があり、ガッカリしてしまった男性もあきらめてはいけません!

 

少し改善するだけでも異性としての印象を強く残すことができ、今までの脈無し期間を大きく変えられるのできちんと頭に叩き込んでくださいね!

 

【ポイント1】相手の顔色をうかがって行動・発言しない

 

まず改善していかなければいけないのは『相手の顔色をうかがい過ぎない』ことです。

 

相手の印象を悪くしたくないから細心の注意を払ってしまうのもわかりますが、女性に合わせてばかりの行動・発言をし続けると『都合のいい男』になっていまいがちなので合わせすぎない様にしましょう。

 

他人に合わせることが当たり前になってしまうと、自分というものを見失ってしまうことにも繋がり、自分に対する自信も少しずつ失われてしまいます。

 

どんな恋愛をするにあたっても自信はとても重要なので、自分というものを忘れずあまり媚びを売りすぎない様にすることが最も重要です。

 

【ポイント2】特別感を出す

 

周囲にも優しい男性は特に改善しなければいけないポイントです。

 

周りと均一に優しさを振りまいてしまうと優しい人という印象だけで終わってしまうと前述したように、好意を向けていることに気づいてもらえません。

 

気づいてもらえないということは恋愛がはじまることはなくなってしまうので、一切先に進めなくなってしまいます。

 

そんなとき大事なのが、好意をもっている女性に対し特別感を出すことです!

 

周囲にも優しい男性は根っからの優男なのでやめることはとても難しいので、気になる女性に上乗せで優しくしてあげるといいかもしれません。

 

女性は特別扱いされることをとても好み、特別扱いをしてくれる男性を意識しはじめます。

 

いやがおうでも相手からの好意に気づく形になるので、今までは優しいだけの印象しかなかった場合でもきちんと異性として見てもらえるようになります。

 

【ポイント3】ときには自分の気持ちを優先する

 

優しくてなんでもいうことを聞いてくれる男性と、少しワガママな男性とどちらと恋愛がしたいかと女性にきくと圧倒的に後者が人気です。

 

ワガママというのは良くない印象にありますが、恋愛においてはまた違い自己主張が多い男性は頼り甲斐があるという意見がありました。

 

女性は男性に引っ張ってもらいたいと願っていることがほとんどなので、なんでもいうことをきいてくれるのは嬉しいことですが物足りなく感じてしまいます。

 

優しい男性はその物足りなさを感じさせてしまうことも多いので、相手と違った意見だとしてもきちんと伝えたり、こうしたいと思ったことを素直に言ってみることで改善できます。

 

自分の感情や欲を素直に出すことは女性にとってとても効果的で、ワガママな男性と違い普段から自分中心ではないためポイントがとても高くなります。

 

また、無理をせず少し主張すればいいだけなのでとても簡単に改善することができるのでオススメです!

 

【ポイント4】異性としてみていることをアピールする

 

自分の好意に全く気付いてもらえないとき、ガッカリするだけではなく言葉や行動で表現してみましょう。

 

女性は自分に好意を持っているとわかっている相手から表現されるよりも、好意があったことを知らない男性から表現されることのほうがサプライズになりますし急接近しやすいです。

 

今までは一切意識していなかったのに急に好意を向けられていると分かると、前者よりもドキドキが増え恋愛感情が芽生えやすくなります。

 

そうなってしまったらこっちのものなので、どんどん表現をいれていきましょう!

 

一切好意に気づいてもらえなかった男性でも一発逆転できるため、きちんと異性としてみているということを相手に理解させることが重要です。

 

素直に言葉にしたり行動にうつすことが苦手な男性も勇気を出して自分の好意を相手に伝えていきましょう!

 

やさしさは決して悪いことじゃない

 

優しい男性はやさしさを利用されてしまったり、きづいてもらえなかったりと優しくてもなんの良い事もないと落ち込んでいる男性も多いと思います。

 

でも決してやさしさは悪いことではないんです。

 

結果がでないからといって優しさを消してしまうことはとても悲しいことで、会ってはならない事だと思います。

 

やさしさをきちんと使いこなせれば恋愛でも強い武器にすることができますし、人としても大きく変化させることができるのでポイントをきちんとおさえましょう!

 

優しさを持ちたくても持てない人間もいるので、自分の良い部分を活かし素敵な恋愛につなげていけたら最高だと思います。

 

まとめ

 

『優しい』というたった一言の言葉でも、相手が受ける印象は様々でそれを恋愛につなげるのは難しいと思いがちですが、ポイントさえ踏まえていけば恋愛対象にきちんと入ることができるので心がけていきたいですね。

 

優しく接し、その優しさのお返しをくれるような素敵な女性と巡り合えるよう少しずつ努力し変わっていきましょう!

-恋愛

Copyright© NEXTNOMAD|人生と夢をコンテンツ化して成長する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.