マレーシアに移住してみた!11種類のビザや1ヶ月の生活費について

投稿日:

こんにちは!ネクストノマドの今村です。


TRIPLERのメンバーをマレーシアに招待してみんなでご飯している写真。


クアラルンプールにオフィルを借りて仲間と仕事したりしていました。

僕は以前に世界一周を旅して60ヶ国ほど回っているのですが、もし自分が住むのならどこかな?って考えていました。

で、東欧も安いけどアジア人住みにくいし、アフリカは論外。南米も危険だしって考えたらやっぱり東南アジアって結果に落ちつき、思いついたのがフィリピンとマレーシアでした。

ただ、フィリピンは、以前に英語留学で住んだ事があるしネット環境が悪いのがネックで動画のアップロードやカフェ入ってもwi-fiがないことや夜の治安も結構悪くて少しストレスを感じるのでマレーシアを選びました。

で今回は実際に2017年の年末に3ヶ月程マレーシアの移住についてお話してきたいと思います。

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]僕の住んでいる所は家賃10万円程でプールもありジムも2箇所ありました。
マレーシア住んでみて移住先No,1というのが納得でした![/voice]

マレーシアってどんな国!?

制限だらけ、決まり事だらけ、忙しく何かに追われたように過ごす人だらけ…
そんな日本とはかけ離れた、東南アジアの楽園ともいえるマレーシアで、リゾートライフを満喫したいという方もおられると思います。

マレーシアは、美しいビーチやたくさんの自然、熱帯雨林、世界遺産から近代的な建物まで、同じ国の中でも行く場所によって景色がガラリと変わる国です!

マレー系(約67%)、中国系(約25%)、インド系(約7%)の多民族国家であるため、外国人への抵抗が少ないという特徴があります。
また、犯罪発生率が日本よりも少なく治安が良いことからしても、移住先として人気があります。

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]実際に夜出歩いても危ない目にも合っていませんし、住んでいるコンドミニアムの警備も2重で想像以上に快適です。[/voice]

ビーチと熱帯雨林がある東南アジアの国「マレーシア」は、以下のような国です。

人口 30,750,000人
面積 329,847k㎡
言語 マレーシア語(民族間では英語が多い)
時差 日本より1時間遅い
気候 一年を通じて常夏の気候(平均28℃程度)
宗教 イスラム教(仏教やキリスト教などもある)
民族 多民族国家
消費税 6%
ネット ホテル・カフェ・レストランなどでは、フリーWiFiが利用できる
ビザ 長期滞在ビザMM2Hなど/ビザなしの滞在は90日以内

 

住んでみて分かった!マレーシアが移住先として大人気になっている5つの理由

マレーシアが移住先として大人気になっている理由は、先ほども少し触れた通りですが、その中でも特に人気となっている理由が、4つあります。

  1. 日本人が多い
  2. 日本の生活費の半分程度で暮らせる
  3. 異文化を存分に堪能できる
  4. 治安が良い

 

【理由1】日本人が多い想像以上に多い!

外務省領事局政策課の平成29年度要約版「海外在留邦人数調査統計」によりますと、マレーシア在留邦人の数は23,693人となっています。

マレーシアで生活している方がこれほどまでに多いとは、知らない方も多いのではないでしょうか。
さらに、以下のような詳細データが出ています。

合計23,693人 男性14,225人/女性9,468
永住者 1,584人
長期滞在者 22,109人

気候は温暖で過ごしやすく、治安が良いだけではなく便利で物価も安い!
そのような点に惹かれて、マレーシアでの生活を選ぶ日本人がたくさんいるのですね。

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]特にモントキアラは日本人が多くよくコンドミニアムでに日本人すれ違います。笑[/voice]

[aside type="normal"]ポイント

仕事の関係で滞在している日本人も16,152人いるということで、人気エリアの首都クアラルンプール近郊なども住みやすくなっています。

[/aside]

少しずつ日本人向けのサービスも整ってきていますので、これからますます日本人が住みやすい国になっていくかと思います。

【理由2】日本の生活費の半分程度で暮らせる

日本の生活費の半分程度で暮らせるという点も、日本人の移住先として人気がある理由の1つです。

以前から物価の安さが魅力のマレーシアでしたが、近年は少し物価が上昇傾向となっているため、”日本で購入する場合よりも少し安いだけ”というような物もあります。

ただ、家賃や交通費、食費など様々なものを含めて考えると、日本の半分程度で暮らせてしまうというのが大きな魅力です。

もちろん、豪勢な生活を続けていては難しいのですが、普通に生活していく程度であれば安く暮らしていくことが可能です。

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]マッサージも安くて2000円以下で受けることができます!仕事して疲れたらいつも直行していました。笑[/voice]

注意点

注意点として、以下の2つがあります。

*日本の調味料などはやや割高

日本の調味料なども入手が可能な地域が多くなっていますが、やや割高です。
永住ではなく長期滞在を目的としている方などは、日本から持って行ったほうが賢明です。

*物価の上昇

急成長をとげているマレーシアの物価は少しずつ上昇を続けています。

このままではさらに高騰する可能性もありますので、移住を決める前に一度短期で滞在してみて、実際にどのような感じかをみてみることをオススメします。

ただ、物価が上昇するという事は、マレーシアの銀行にリンギットで貯金をするだけで価値が上がるという事です。逆に日本円だけで持って行くと日本円の価値はどんどんと下がるので今上昇しているマレーシアにお金を少し移動するのも個人的に良い機会かと思っています。

【理由3】異文化を存分に堪能できる!

マレーシアは多民族国家であるため、異文化を存分に楽しむことができます。マレーシア人の特徴としてKYという特徴があります。

良い意味でのKYです。笑

あまり人のことを気にしないので、日本みたいに誰かにみられている感覚がないので、生活していて気持ちも楽になります。

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]子供の教育を考えた時に、マレーシアなら日本語、中国語、英語を学べることが可能で、マレーシアは普通にトリリンガルが多いという事に驚きました。子供が英語をできるだけで全然世界が広がるので将来の子供の教育には可能性を感じますね[/voice]

しっかり日本食も!

多民族国家で、食事などにも民族の伝統が根付いている…となると、気になるのが日本食の存在ですよね。

マレーシアに限らず、海外で生活する際に恋しくなってしまうのが「日本食」です。
短期滞在であればその国独自の食事などを楽しむことができても、長期滞在もしくは永住という場合には、どうしても恋しくなってしまうものです。

ですが、マレーシアには日本食レストラン、タイ料理、インド料理、中華など、まさに様々な国のグルメが集結しています。
そのため、マレーシアで日本食が恋しくなってしまった場合でも安心できますよ!

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]日本料理屋も多いのであまり日本食に困りません!笑[/voice]

【理由4】治安が想像以上に良い!

マレーシアは治安が良く、犯罪発生率が日本よりも低い0.7%となっています。
なんとなく治安が悪いようなイメージがある東南アジアですが、マレーシアは安心して外を歩くことができます。

[aside type="warning"]注意!

ただ、油断して、お財布をポッケから覗かせたりしているのはNGです。
首都クアラルンプールでは窃盗が増加しており、電車内、ショッピングモールなどでは注意が必要となります。

[/aside]

また、マレーシアに行った際に利用することもあるであろうタクシーですが、タクシーにも注意が必要です。

タクシーの細工されたメーターによって法外なお金を請求されてしまうことがあり、国をあげて問題改善に取り組んでいます。
タクシーを利用する前に目安となるタクシー代を、現地の日本人に聞いておくと安心です。

また今は9割以上の人はGRABを使用します。簡単い言うと、GRABはシェアリングエコノミーのタクシービジネスで、時間の空いている民間ドライバーさんがタクシー業を個人でしていて特徴として行き先を決めれば料金が先にわかる事。ドライバーさんの評価なども分かるので、ボラれたりタチの悪いタクシードライバーにあたる心配はありません。

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]昔はインド人のタクシードライバーにボラれたりしましたが、今は全くそんな心配もなしです!なんて便利な世の中。笑[/voice]

マレーシアに住む学生さんにもインタビュー。学費がロンドンの5分の1!?

ちょっと僕以外だと参考にならないかと思うのでそれ以外の日本人の人にもインタビューしてみました。

実際に住まれている方にもインタビューしてみました!

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]簡単な自己紹介をお願いします^^[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]マレーシアの首都クアラルンプールにて正規留学で大学生をしています。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]現在、マレーシアに住まれてどのくらいですか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]約4ヶ月です。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]最近なんですね!マレーシアに住もうと思ったきっかけは何ですか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]英語を話すことには馴染みがあったため漠然と将来は海外の大学に進学したい思いがありました。

しかし、高校を卒業したのも遅くその後の日本の大学受験にも失敗したため、翌年にもう一度受け直そうとフリーターになりました。その年にイギリスのロンドンに短期語学留学をしたのをきっかけに、海外大学に進学することを決めました。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]そうなんですね。
そこからすぐに海外の大学に進学をされたんですか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]いえ、それが、1番はイギリスの大学に進学したかったのですが学費が3年間で700万以上かかることを知り、母子家庭の身であるため諦めざるを得えませんでした。そこで色々インターネートで調べていたところ以前い旅行で訪れたマレーシアが準英語国家で大学の授業は英語で行われ大学の学費も3年間で約150万円と十分に手の届く範囲だったんです。

さらに教育カリキュラムは元々イギリスの植民地であったために同じであることで、すぐに自分の興味があった専攻がある大学にコンタクトを取り学生ビザを取って移住したのがきっかけです。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]なるほど~!イギリスと同じカリキュラムが5分の1くらいの値段で受けれるのは魅力ですね!実際にマレーシアで生活してみて、1か月の食費がどのくらいなのか教えていただけますか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]はい。
自炊と外食と半々で毎月1万5000円です。食事は外食は総じて日本に比べたら安いですし、特にホーカーと呼ばれる屋台で食べると一食150円から200円で収まります!加えてマレーシアは多民族国家のため、色の種類も豊富で飽きることは少ないと思います。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]1か月の半分を外食しても、毎月1万5千円ですか!?安いですね・・・。[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]はい、とても安いです。ただ問題は、外食と自炊のコストの差が少ないことかと思います。

毎日外食は楽ですが私の様に、人によっては自炊の食事が食べたくなることがあると思います。日本と比べると毎日自炊をしたとしても食費は格段に安いですが、手間暇を考えるとコスパは良くないと思います。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]そうなんですか!
そこまで外食が安くて自炊のコスパが悪いなら、外食三昧になっちゃいますね。では、マレーシアの光熱費はどのくらいですか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]電気代が毎月約25RMなので750円です。

ガスは私の住んでいるコンドミニアムがプロパなので1台30RM(900円)ですね。だいたい1台で私一人暮らしで自炊も毎日しますが、3ヶ月は持つので1ヶ月で換算すると300円です。

日本に住んでいた頃と比べて格段に安いので満足しています。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]確かに日本と比べてかなり安いですね。日本ではどれだけ節約しても、その金額は無理そうですね…(笑)[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]そうですね(笑)[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]電気代や水道代はどうですか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]水道代は実はマレーシアに住んで4ヶ月経ちましたがその間に1度しか請求が来ていません。

毎日シャワーも浴びて洗濯や洗い物もしますが私も詳しく理由は分かっていませんが、マレーシアでは毎月一定以下の水道の使用量であれば無料であるといった仕組みがあるようです。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]・・・無料ですか?!!?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]どうやらそのような仕組みみたいです。

マレーシアは毎日スコールが降るのでそれも関係あるのかもしれません。ちなみにマレーシアでコンドミニアムに住む場合、水道代の支払いは水道局ではなくコンドミニアムの管理局に支払うのが一般的な様です。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]そうなんですね~。
スコールが降ることが関係しているかもしれないとは、日本とは違う環境だということを実感しやすくていいですね。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]マレーシアの交通の便はどうですか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]私は自家用車を所持していないかつ、住んでいる場所が学校近くのクアラルンプール郊外のため電車やバスもないことはないですが、使い勝手があまり良くないです。

加えてマレーシアは車社会で道は車優先に作られているため歩道がほとんどなく徒歩移動はすごく危ないです。
そのため普段は配車サービスを利用していますし、大学の友人たちも外国人はほとんど皆移動はこれです。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]ですよね!今はUBERやGRABが主流ですよね!大体それで1ヶ月どれくらかかりますか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]私の家からクアラルンプールの中心街までは40分の往復約40RM(1000円)程度で、これは道の混雑具合や配車状況により前後します。

週に2、3回利用するので1ヶ月に約360RMなので、日本円で月に1万円ぐらいです[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]タクシーこれだけ乗ってその値段なら納得ですね!やっぱり日本の感覚では考えられませんよね(笑)[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]そうです(笑)[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]みーさんが、マレーシアに来てよかったな~!
と思っていることはどんなことですか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]とにかく全ての物価が安いということです。

特に配車サービス。
日本にはこういったコンテンツは流行っていないですしタクシーは1000円以上はかかります。

加えて留学生にとっては、私立大学だとしても学費は日本に比べて半額以下に抑えられます。

英語を学びたい、英語で学びたい、マレーシアの大学をステップにしてイギリスやオーストラリアの大学に編入して学位を取りたいと考えている人にとっては、学費や生活コストが格安のため他の英語圏の大学に留学するに比べてコストをかなり抑えられると思います。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]なるほど、学費まで安いというのは嬉しいですね。

素朴な疑問なんですが、日本人ということで何か差別的なことは受けたりするんですか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]マレーシアはマレーシア人といっても、マレー系、中華系、インド系がいて南アジアやアラブ諸国からの出稼ぎや移民も多いので、歩いているだけでは外国人かローカルの人なのかはわからないため差別もなく生活しやすいです。

みな母国語と英語が話せますが、それぞれにアクセントや訛りがるので、日本語訛りの英語でも指摘されることなく尊重して会話できます。[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]それは安心ですね^^マレーシアの魅力がよく伝わります!

では反対に、マレーシアにきて失敗したなと思ったことはありますか?[/voice]
[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/FB_IMG_1526227165487-1.jpg" name="みーさん" type="r"]失敗したなと思ったことはあまりないです。

しいて一つ挙げるとすれば、日本より夏は涼しいといえど1年中毎日夏なので日焼けは避けられないことです・・・。
私は日に焼けるのが本当に嫌いなので毎日戦っています(笑)[/voice]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"](笑)
日焼けは女性にとって深刻な問題ですもんね・・・。

みーさん、たくさんお話を聞かせていたき、ありがとうございました![/voice]

 

単身での生活費と家族での生活費を比較

単身と家族での生活費を比較してみました!
目安程度にご覧ください。

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]ちなみに食費1回はこれくらいで500円くらいw[/voice]

単身 家族
家賃 1L~2LDKで3万円から
(プール付き)
約6万円程度から
(家具家電付き・プール・スポーツジム・新築・警備員有り)
食費 外食と自炊半分ずつくらいで15,000円 自炊を入れても月に4~5万円程度
(外食がメイン。日本食や洋食を食べることにこだわらなければ、外食費は1食1人分が300円程度)
ガス代 プロパンガス使用で900円
(3か月はもつため1か月300円)
ガスボンベ取り付けに1,000円程度、毎日自炊でも2か月はもつ
電気代 750円程度 3,000円~5,000円程度
(クーラーをつけっぱなしにすると高くなる)
水道代 500円程度 1,000円程度
(バスタブがある物件が少なくほとんどがシャワー)
通信費 MAXISのSIMフリーで900円 大体900円程度
携帯電話は多くの人がプリペイド式の支払いをしており、
(ネットプロバイダ利用料3,000円程度)
交通費 週に2~3回配車サービスを利用して、10,000円程度 ガソリン代込み5,000円程度(自家用車を使用)

 

マレーシアのビザはなんと11種類もある!?

海外に行かれる方であればご存知かもしれませんが、マレーシアへの長期滞在(90日以上)はビザ申請が必要となります。
ビザには種類がたくさんあり、滞在目的によってどのビザ申請が必要となるのかが違ってきます。

ここからは、12年連続で日本人の住みたい国No.1に選ばれている、マレーシア滞在のための11種類のビザについてご説明していきます。

①短期訪問ビザ
就労ビザ ➁雇用パス(Employment Pass)
③レジデンスパス(Residence Pass)
④プロフェッショナルパス(Professional Visit Pass)
⑤雇用パスを取得している駐在員の配偶者・子供の滞在ビザ(Dependent Pass)および就労許可(Permission to Work)
⑥マレーシア人の外国人配偶者の就労許可
⑦一時就労パス(Temporary Employment Visit Pass)
⑧学生ビザ
⑨配偶者ビザ
⑩永住許可証(PR)/永住権
⑪MM2H(マレーシア・マイ・セカンドホーム)VISA

 

これらのビザは変更されるため、常に最新の情報を入手するようにしてくださいね。
それでは、11種類順番に説明していきます。

 

①短期訪問ビザ Visitor Visa

短期訪問ビザは、入国日から90日以内滞在することができるビザです。
査証免除で出入国を繰り返すという場合には、1年以内に最長で180日までの滞在となっています。

[aside type="normal"]*条件

  • 90日以内で、観光や業務、外交、公用目的
  • パスポートの有効期限が、入国時に6ヶ月以上あること
  • 入国時にマレーシアを出国する往復航空券または第三国行き航空券を所有していること

[/aside]

➁雇用パス(Employment Pass)

マレーシアの中でも一般的な就労ビザで、2年以上滞在する就労者が対象となります。
雇用期間は、役職や給与によって1年から5年となっており、出入国は自由です。

原則として雇用主が申請手続きを行い、申請の際には保証人が必要となります。

[aside type="normal"]*条件

  • 現地の企業での雇用が決まっていること
  • 原則として最低月額5,000RMの給与があること
  • パスポートの有効期限が最低18か月あること
  • 雇用パスの更新の際には個人所得税の納付証明書を出すこと

[/aside]

 

③一時就労パス(Temporary Employment Visit Pass)

滞在可能日数は1年以内のビザです。
給料が日本で支給される出張や研修などで、短期でマレーシアに滞在する人を対象としています。

 

④プロフェッショナルパス(Professional Visit Pass)

1年未満の滞在が可能なビザです。
特別なプロジェクトや技術指導、機械の修理などの業務のため、マレーシアに1年未満の滞在予定の就労者が対象です。
滞在期間・日数があらかじめ目安として分かっている場合に取得できます。

申請手続きは原則として雇用主が行い、契約内容や目的などによっては、最長で1年までは認められることになっています。

*家族の帯同は認められていないため注意しましょう

⑤レジデンスパス(Residence Pass)

最長で10年の就労と滞在が可能となるビザです。

重要な経済分野において、優秀な人材を長期的にマレーシアに確保するためのもので、配偶者および18歳未満の同伴家族も同じく申請が可能となります。

ちなみに、配偶者も雇用パスを取得することなく就労が可能となっています。

申請はウェブサイトにて行います。

 

⑥雇用パスを取得している駐在員の配偶者・子供の滞在ビザ(Dependent Pass)および就労許可(Permission to Work)

駐在員の雇用パスを取得することができると、その家族の滞在ビザ(Dependent Pass)が発行されます。
学童の就学に際しては、このDependent Passに加えて、就学許可(Study Approval)が必要になります。

滞在期間は駐在員の雇用パスの有効期間と同じです。

 

⑦マレーシア人の外国人配偶者の就労許可

マレーシア人の配偶者である外国人が、配偶者として1年以上の長期滞在ビザを取得。
その上で就労する場合に、就労許可を得ることができるビザです。

長期滞在ビザは、最長5年の期間で許可が得られることになっています。

⑧学生ビザ

留学などで申請するのが、この学生ビザです。
滞在可能日数は1年となっており、延長手続きを行えば最長で2年の就労も可能です。

原則6か月以上のパスポートと往復航空券があれば学生ビザはいらないのですが、留学期間が3か月を超えるという場合には、学生ビザ申請を行わなくてはなりません。

この学生ビザは、取得条件などが学校によって異なっているため、留学先となる学校には必ず問い合わせておく必要があります。

[aside type="normal"]*条件

  • 18歳から35歳という年齢制限がある学校も存在する
  • 指定の保険に加入しなくてはならない

[/aside]

 

⑨配偶者ビザ

1年以内の滞在可能日数となっているビザです。
マレーシアに国籍がある人と結婚した場合、長期滞在査証が発行され、1年で更新となります。

そして5年が経過すると、永住権を申請する資格を得ることができます。

 

⑩永住許可証(PR)/永住権

職業の指定などは特になく、有効期限が永住(無制限)となるものです。
ただ、マレーシアの永住権の取得はとても難しく、選挙権も認められていません。

そのようなことから、長期滞在を希望する場合に、MM2Hというビザが人気となっています。

[aside type="normal"]*条件

  • マレーシアに継続して5年以上滞在している
  • 税金を年間7,500RM以上収めている

[/aside]

⑪MM2H(マレーシア・マイ・セカンドホーム)

最長で10年間の滞在が可能なビザです。

最長で10年となっていますが、移民局から許可をもらうことができれば更新することが可能です。
滞在期間中は何度でも行き来することができ、条件次第でパートで働くこともできてしまいます。

マレーシアの永住権をとることは難しいけどとにかく長期滞在したい・・・という方に人気のビザです。

申請は個人でもできますが、提出すべき書類や手続きがややこしいため、信頼できる代理店で申請してもらったほうが賢明です。

[aside type="normal"]50歳未満の場合・・・

  • 最低50万(約1400万円)リンギット以上の財産証明+月額1万リンギット以上の収入証明
  • 仮承認が下りた場合には、そのうち30万リンギットをマレーシア金融機関に定期預金しなくてはならない

[/aside]

[aside type="normal"]50歳以上の場合・・・

  • 最低35万(約970万円)リンギット以上の財産証明+月額1万リンギット以上の収入証明もしくは年金証明
  • 仮承認が下りた場合には、そのうち15万リンギットをマレーシア金融機関に定期預金するか、毎月1万リキッド以上の年金の受領証明をする

[/aside]

[voice icon="http://nextnomad.jp/wp-content/uploads/2018/05/UZpIGkc2_bigger.jpg" name="今村" type="l line"]今年できればこのビザを取得してマレーシアに移住する予定です。日本にいたらどうしても同じ環境にいるので住む所もどんどん変えていこうと思っています。[/voice]

こちらでご紹介したビザの情報は、以下のサイトを参考にしています。

日本貿易振興機構(ジェトロ) https://www.jetro.go.jp/
日本橋夢屋 https://www.tokutenryoko.com/service/visa/56

最新の情報をチェックするため、マレーシア移民局、マレーシア政府観光局のホームページなども覗いてみてくださいね。

 

 

 

-
-

Copyright© NEXTNOMAD|人生と夢をコンテンツ化して成長する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.