【費用10万以下!?】モルディブは格安旅行できる国だった!マレ、マーフシ島の行き方まで詳しく紹介

更新日:

こんにちは!ネクストノマド今村です。

100ヶ国のドローン撮影を目指し旅をしていて記念すべき第1ヶ国目!

新婚旅行先ランキングNo.1のモルディブです!

Droneで空撮GoProでジンベイザメやイルカと泳いでいる動画作ってみました!

↓   ↓   ↓    ↓   ↓

モルディブというととにかく旅費が高くつくイメージありませんか?

僕の旅のスタイルは、節約するところは節約して使う時は使うというのが旅のスタイルで

今回なんとモルディブの旅費は10万円ほどで収まるほどの安く旅ができたのでその方法を

シェアしたいと思います。

【コスパ最強!】10万円以下でモルディブに行く方法は?

今回、実は小さき時からの夢であったイルカと泳いだり、砂浜の島にいったりと

モルディブを満喫しまくっていたのですが、モルディブに行くまでも高いと思いがちですが、

日本から往復10万円以下でいけます!笑

使うのは、バックパッカーの強い味方、LCCのAirasiaです。

タイミングにもよるのですが、Airasiaだとマレーシアと日本の往復が1.5万円ほどでいけ、

さらにタイミングがよければ、プレミアムベットでも片道2.5万円ほどでいけます。

僕も大阪、マレーシア間はこのプレミアムフラットベットのシートを使うのですが、

前のゾーンは、クワイエットゾーンと行って静かなゾーンになっていて、

毛布の貸し出しもありしっかりと体を休めることができきます。

Airasiaの公式サイトを頻繁に見てチェックしておくとこのように安い価格で購入することができます。

マレーシアを経由してクアラルンプールからさらにAirasiaでクアラルンプール→モルディブの便があるので

その便でモルディブの首都マレに飛びます。

クアラルンプールからマレ実は1万円もしない便が多いんです。笑

どの空港券を使っても直行便はないので、変に高い航空券を購入するよりはこのように

賢くLCCを使った方が安くいけます。

特にシートにこだわりがなければ、Airasiaなら日本からモルディブまで片道2.5万円でいけてしまいます。

新婚旅行や海外パックだと普通に50万円くらいしてしまいます。

ハネムーン旅行だと仲介の旅行会社が結構もっていかれます。笑

マレの街が魅了!人口密度世界一の都市

最初、モルディブの地図を見た時衝撃を受けたのですがモルディブは本当に小さな諸島の塊で

マレの空港もそこには、空港しかない島だったんです。

 

で、そこで気になるのが移動なのですが、空港からマレ市内への移動なのですがフェリーが運行しています。

僕は 、ブッキングドットコムで空港の「ホテル オクターヴ モルディブ」という送迎ピックアップのある

ホテルに宿泊しました。

マレの街の中心なのでどこでもアクセスしやすかったです。

 

空港を出たらピックアップしてくれてフェリーでマレのホテルまで連れて行ってくれたので、

モルディブは他の国と交通事情がフェリーを使ったりと異なるのでピックアップのあるホテルを

使った方が移動が楽です!ちなみに値段は1泊1万円ほどでマレは小さな街なので1泊でちょうどくらいかと思います。

歩いて15分で回れるモルディブの都心マレってどんな所?

空港から高速フェリーでモルディブの都心のマレに到着します。

人口密度世界一だけあってとにかく、どこの路地に入っても人がいます。

見所としてホテルの人には市場くらいと言われたので地元の市場に

とりあえず行ってみました。

【マレの見所1】マレのローカル魚市場

 

モルディブではサーモンやマグロ大量にとれるみたいで地元の市場こんな感じでマグロが大量に取れていました。

しかも、マグロの大トロの部分は、モルディブ人は脂身があまり好きじゃないらしく

捨ててしまうそうです。笑 もったいなさすぎる・・・

こんな感じで、職人のおっちゃんがマグロはさばいています。

地元の人に溶け込んでみましたw

後は野菜や果物の市場が近くにあったので散策。

葉タバコ?を包む葉で東南アジアのおなじみの嗜好品

フルーツは全部、隣国からの輸入に頼っているみたいです。

【マレの見所2】小さなビーチ

あとは、島の端にあるローカルビーチです。

ビートといっても波が押し寄せないよに防波堤で区切ってくれてる直径30mほどの

小さかローカルビーチです。

そしてその近くにある、釣り場?

地元のおっちゃんが集まって釣りをしてますw

どの海に行っても透明度が高いので魚も丸見えです。

釣った魚も雑に置かれています。畑の野菜感覚。

所要時間2時間でまさかのマレの街探索が終わってしまいました!笑

ただ、僕はバックパッカーを長い間しているので観光地よりローカルの雰囲気を見て現地の人がどんな暮らしをしているのかにすごく興味があったので面白かったです。

この街の人ってもしかしたら、ほとんど顔見知りなんじゃないのかな?

とか、離婚率低いんだろな〜?

っとか色々妄想してマレの街を探索していました。

マレからマーフシ島への移動方法

マーフシ島はモルディブの首都のマレからスピードボートで30分くらいの所にあります。

値段が片道25ドルで、マレからマーフシまでいける会社は、「icom」「adil」「shadow」「funamma」の4社あります。

・9:00(am) adil
・9:15(am)  icom/shadow
・10:00 (am) funamma
・12:00 (pm) adil
・1:30(pm) funamma
・2:30(pm) adil
・3:30 (pm)shadow
・6:00(pm) adil
・6:30 (pm)icom/shadow
・10:00(pm) funamma/icom

が、マレからマーフシのタイムスケジュールになっています。

地図の場所のフェリー乗り場から、マーフシ行きのフェリーに乗る事ができます。

時間ギリギリに船がくるので心配になりますが、地元の人に聞いたら親切に教えてくれるので地元の人に迷ったら聞いてみると良いと思います。

ICOMの人はこの色のユニフォームが目印です。

マーフシ島は、海のアクテビティーが充実した最高の島!

マレからマーフシ島に朝の9:00のicomのフェリーで移動してマーフシに到着。

マーフシ島はマレよりさらに近く、歩いて端から端が5分くらいの小さな島です。


この島の対策で、ローカルと宿泊施設の融合を

考えているそうでマーフシ島には水上コテージのようなリゾート感は全くありません。

その代わりモルディブの地元のキッズや暮らしも見れて、本当のモルディブの生活をみる事ができます。

マーフシの島に到着すると、まさかの手押し車で荷物のピックアップに来てくれました。笑

ホテルもシーズンにも前後されるのですが、こんな感じのローカルホテルが1白3,000〜4,000円ほどで宿泊できます。

僕が今回宿泊したのは、リリー レスト モルディブ  というホテルで1泊3,000円ほどでしかも

朝ごはんもついているというローカルホテルです。バックパッカーの方におすすめのホテルなので

もしバックパック旅をされる方におすすめです。スタッフもフレンドリーで対応もよかったです。

ただ、ホテルのツアーは高いので街のツアーなどに申し込んだ方が安いです。

例えば、1dayツアーだとホテルだと35ドルほどですが、ツアー会社だと25ドルで

申し込めるので街のツアー会社に色々リサーチしてみると良いです。

僕はフェリーでお世話になったICOMという会社がツアーも色々していたので、ここの会社のツアーに申し込みました。

想像以上にマーフシ島の散歩が楽しい!

5分で歩き終わってしまう島マーフシ島ですが、街の景色がすごく絵になり人との出会いも豊富です。

人懐っこい子供

どこにいても綺麗な海にあたる

綺麗な夕日

タンクローリの塗装をする青年。

新婚旅行でしか行かない国だと思っていましたが、意外に面白い。笑

マーフシ島でおすすめの3つのアクティビティー

【その1】夜釣りが想像以上の楽しい!そして美味い!

僕は初日にやって楽しかったのがナイトフィッシングです。

25ドルでしかも自分の釣った魚が夜飯になります!

夕方5時に港を出発!

よっしゃ〜!!大量に晩飯ゲットや〜!!

っと意気込みごんで出航

リールを使ってつるのかと思っていましたが、なんと釣り針に釣り糸に餌をつけただけのなんとも

シンプルな釣りの方法・・・。これ釣れるのかな?って、気がつけば夕方に・・・。

30分経過して夕日も沈みかけて周りも暗くなってきてました。

っと、その時!

来た〜!!あまりに嬉しさに叫んでしまいました。笑

釣りに没頭して気づけば夜に。。。

が意外にその後は順調に10分に1匹くらい釣れて、こんなに大漁!

ツアー会社と提携しているホテルに行きシェフがBBQで味付けして夜ご飯を作ってくれました!

味付けもむっちゃ美味いです!モルディブはご飯の物価が日本と同じくらいなので、25ドルで遊べて

しかも獲れたての魚も食べれるので絶対にいって欲しいツアーの1つです。

夜ご飯の写真撮り忘れてました。笑

【その2】1dayツアーのコスパがやばい!

1dayツアーも色々な会社がやっているので、自分で気に入ったツアーに申し込むと良いと思います。

僕が申し込んだのが35ドルで
・ウミガメ
・イルカ
・サンドアイランド
・シュノーケリングでニモに会える
というまさかのこの内容で35ドルのプランでしたw

イルカと会える確率は50%ほどだそうですが、僕は運良くイルカにも遭遇する事が出来て一緒に泳げました。

普段は、イルカは100匹以上の群で生活しているそうで、この群はまだ少ないそうです。

そして、海ガメにも会えました!

モルディブのウミガメツアーだと会える確率100%だそうです。

おそるべしモルディブ。

そして極め付けは、ホワイドサンドビーチです!エメラルドグルーンのビーチに白い白浜しかない島に上陸します。

本当に写真でしかみた事のない絶景に息を飲みました。

モルディブのアクテビティーどれもこの値段で大丈夫??というアクテビティーばかりです。

【その3】見れたらラッキージンベイザメツアー

そして最後に、ジンベイザメツアーにも参加してきました。

ジンベイザメの出るスポットはマーフシ島からさらに1時間ほどかかるスポットにいきます。

ジンベイざザメを見れる確率は50%ほどなので、もう祈るしかなかったのですが、ここも運良く見れる事が出来ました!

想像をはるかに大きく超えるスケースにただただ、呆然と海の中でジンベイザメを見ていました。

地球の表面の70%は海で、海の特に海底の研究ってまだまだ解明されていない事だらけだそうです。何かそいういう事を聞くと萌えてしまうのは僕だけでしょうか?笑

モルディブの旅行は、海のアクティブティーが最高なので是非モルディブに行った時は体験して見てください!

ざっと今回のモルディブにかかった費用を紹介!

モルディブ5泊
・飛行機4万円(日本→マレーシア→マレ)
・宿代3万円(マレ1泊1万円、マーフシ4泊12000円=2.2万円)
・食事代3万円(食事は日本と物価が同じくらい)
なので基本的にかかる費用は10万円以下で実はモルディブ抑える事ができます!笑

バックパッカーにもう少し広まってもいいんじゃないかと思うこのコスパの良さ。
後は参加するツアーやツアーの量で料金は前後すると思いますがツアーの料金も想像以上に安く行った国の中でもオススメの国の1つになりました!

-

Copyright© NEXTNOMAD|人生と夢をコンテンツ化して成長する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.