プロフィール

今村友紀(いまむら ゆうき)のプロフィール

更新日:

はじめまして!

今村と申します。プロフィールを拝見して頂いてありがとうございます!

僕は20歳からバックパックを始め24歳の時に50カ国世界一周の旅を終え、旅の虜になり今も世界を旅したり気に入った土地があればそこに住み着いたり、時には仲間とオフィスを異国に借りてビジネスを展開しながら暮らしています。

生い立ち

1985年9月6日産まれ神戸の有馬温泉付近出身の田舎育ちです。
中学生の時に見た「畑山VS坂本」戦を見てスポーツで初めて感動しました。

img_7869234a37d856fb23a206d31d5b7c66224059
馬鹿な考えだったかも知れませんが、ボクシングに憧れそのままボクシング部のある工業高校に入学しました。
しかし、現実は上手くいかないもので初めての試合は、何も出来ずに判定負けしました・・・。
ただ、そこから誰よりも練習をして、国体強化選手までいきそのまま、大学もスポーツ推薦で入学。
今、思えば雑草魂とハングリー精神はこの時に生まれていたのかも知れません。
この時自分の人生で、初めて努力をした瞬間でした。

それ以降の学生生活は下の下の下

そこからの僕の人生は今思っても本当にクソでした・・・親の金で、大学に行き念願の1人暮らし。
しかし、大学生活は遊びに明け暮れボクシングもせず、授業にも出ず、挙げ句のはてには、
専門学校に行きたいといい、服飾の専門学校にいきます。
今、思っても相当な親不孝ものです。

そして、親の反対を押しのけ専門学校に進みました。

そして旅にどっぷりなバックパッカーな学生時代

da476249
専門学生時代、授業に追われる日常をどうにかしたくて高校の時に読んだ高橋歩の本をきっかけに
20歳の夏休みに初めて、バックバックに出かけました。(高校の時に読んだ高橋歩の本の感動も今でも覚えています。読み終えた瞬間ふと教室にいる自分に戻り、なんて小さい所で生活してるんだと思ったと同時にいつか世界に出たいと強く思いました。)

そして初バックパックは、タイとカンボジアへ

DSC00175

髪の毛もドレッドにして、アンコールワット前の川に飛び込んだりしていました。笑
この時に価値観が少しずつ変わっていきました。
常識や決められた価値観の中で生きて行きたくないと考えるようになり始めました。

大学に戻ったり、ふらふらしていた学生時代、
旅も気づけば色んな所に行くようになっていました。
アジアは、「タイ・ラオス・カンボジア・インドネシア・ミャンマー・フィリピン・インド・ネパール・マレーシア」
中東もその時から旅し始めました。「エジプト・レバノン・シリア・イスラエル・パレスチナ・ヨルダン・トルコ」

DSC01807(ミャンマー)

DSC02194_2(エジプト)

DSC02915(シリア)

24歳の時に夢にも見た世界一周へ!

24歳アルバイトで貯めた150万円で、夢にまで見た世界一周に出かけました。
アジアでは、日本の豊かさを思い知らされ
IMG_6200中東を再び旅して人に優しさにふれ
IMG_9603ヨーロッパでは、大好きなアイスランドを楽しみ

IMG_8020

アフリカでは世界一危ない山賊の出る国境をトラックをヒッチハイクして、2日かけ移動したり

IMG_9770

南米では、念願のマチュピチュやウユニ塩湖を旅し、自然の大きさ驚かされIMG_9579

旅最高!
そんな1年を過ごして社会人になりました。

ダメダメな社会人生活…社会不適合者。全てを否定され続けた日々

RS=^ADBmHK

社会人となり、メンズのアパレルデザイナーとして働くようになりました。
念願のブランドにも入る事ができしかもメンズの担当をさせて頂く事になりました。
しかし、デザインのセンスも悪く毎回怒られ、残業も毎日夜中まで…土日の休みもほとんどなく
しかも手取りは27歳で20万円…

毎月、貯金も全く出来ない状態・・・・

たまに夜なえる前にふと目を閉じて考えるのは、いつも同じでした。

このまま30歳、40歳、50歳と家と会社の往復で人生が終わる・・・自分は何のために旅をしてきたのだろうか?自分の人生は本当にそれで良いのか?

仕事のための人生なのか、それとも人生のための仕事なのか

と毎日考えるようになる。

さらに追い打ちをかけるように36時間労働…

このままじゃだめだと思ったのが、2013年の春。
RFNDXzExMzQwMGRl会社新しい事業で雑貨屋を展開するとなり、普通業務の後に力仕事のサービス残業が始まりました。そして雑貨屋の開店前には、夜通し力仕事をしてそのまま普通業務を経験。そこで経験したまさかの36時間労働・・・。
もちろん夜間の残業代も出ませんこの時に本気でこのままじゃだめだと考えるようになりました。

人生の分岐点は、1通のメールから

取りあえず友達に聞いてみたら…

でも1人で海外を自由に行き来するのってどうしたら良いの?と思い。色々調べ回りました。
株やせどり、輸入ビジネス、アフィリエイト、ただ、調べれば調べる程うさん臭い情報があり
どれを選んで良いのか分からなくなりました。
そこで、ふと専門学校の時に友達がデザイナーを辞めて
アフィリエイトで稼いでいると思い出し、聞いてみる事にしました。
スクリーンショット 2015-07-10 11.26.40 AM

今、みるとマインドが凄く弱く他人に頼っていた時の思考だな…っと読み返していて、恥ずかしくなる
思考です。ただ、このメールが運命を変えました。
実は、その友達はアフィリエイト業界ではかなり成功していました。
その友達のサイト http://steplyism.com/


今となっては、僕は本当に運が良い人間だと思います。
■ブラック企業
■アフィリエイトで成功していた友達のアドバイス
この2つのポイントが上手く重なり僕の人生は大きく、方向を変えて動き始めました。

会社を辞めてアフィリエイトをスタートを本格的にスタートしました!

友達の教材をひたすら作っていました。会社が夜中に終わり、近くのファミレスやファーストフードで夜中の3時、4時まで作業をひたすらしました。

最初は1ヶ月でブログを60個作る事に挑戦しました。1ヶ月、会社の空き時間の合間をぬってやる作業は、
何か凄く希望に満ちていました。
lgf01a201402260900ショーシャンクの空のようなイメージでしょうか。
牢屋に閉じ込められて、外に脱出して自由な未来を手に入れるためにひたすら穴を毎日、毎日掘り続けるような感覚。
僕のアフィリエイトの作業は、そんな感覚だったかも知れません。

やり始めて1週間で稼げた金額は48円。今でもこの時の事を覚えています。

テレビで紹介していたわらび餅の記事をすぐにブログ記事にして作成してみました。
たかが48円かもしれませんが、初めて自分で会社に属さずお金を稼げたんだ!と実感しました。
この時、嬉しくて飛び回ったのを覚えています。笑

そして、ひたすら作り続け1ヶ月で2000円稼げるようになりました。たかが2,000円かもしれませんが、僕はなぜかいける!と思いました。今思っても不思議ですが、何故かいけると思いました。

その無茶苦茶な判断が、良かったのか半年後には月収100万円を突破しその後は、会社を設立しairbnbにも参入して月70万円突破。

個人のアフィリエイト単体では、月収400万円も突破しています。

サイトアフィリエイトのコンサル実績を紹介

その後、ルレアの教材の販売者であり、専門学校の友人でもあるMOTOくんと合わせて5人でWEBマーケティングを学ぶアカデミーを半年間開催しました。

(コンサル生と映画神様はバリにいるで有名なバリの兄貴に会いに行った時のもの)

このアカデミーが終わり1年後には、
130人の生徒のうち約5割は月収30万円超え10人以上が月収100万円を突破しました。

その後はアフィリエイトやコンサルで学んだ知識をいかして

❶旅人が活躍する世界を作る、非日常メディアサイトの運営

最近は、変わった世界一周した人や、海外で活躍する人が新しい社会を作るための土台作りで非日常メディアサイトを運営したりしています。

TRIPLER

❷シンプルに分かりやすい最短でアフィリエイトで30万稼ぐ方法のサイト

また、旅好きフリーランス(ノマド)業界の底上げをしたいと思い、新しく被リンクなどを削ぎ落とした2020年でも通用するアフィリエイトサイトの作り方を9ステップに分けて紹介しています。

アフィリエイト進化論のサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

-プロフィール
-

Copyright© NEXTNOMAD|人生と夢をコンテンツ化して成長する方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.